FC2ブログ

こんぶログ

昆布の魅力を発信します

北海道の食文化はアイヌの食文化を受け継いでいます

0
根室産の真イワシが近所のスーパーに並んでいました。一笊5匹で150円がタイムセールで100円。あらパパさんは迷わず購入。チタタプ チタタプ チタタプ チタタプ活きの良いイワシとかニシンとかサンマが手に入ったら迷わずタタキで食べたい。ネギや薬味とともに叩いて塩や味噌で味付けする、一般的に言うナメロウなんだけど、北海道でいうタタキっていう食べ方は、アイヌの食文化から伝わったものではないかとあらパパさん...

リシリコンブ産地の繁忙期が始まります

0
北海道の東では既に、さお前昆布検査が終盤となり夏昆布の採取と説明会が開催され忙しい最中と思います。あらパパさんの担当するリシリコンブの産地、北海道の北でも昆布採取が始まりましたので、本日より昆布製品に関する説明会を各地順次開催の予定です。昨年までとは違い、事務所の移転で札幌からの出張対応になった分、行き帰りの移動日が日程ロスとなり、身体にも負担がかかるので体調管理には今まで以上に気を使わなければな...

オープンキッチン

0
オープンキッチンってのを体験してきました。オープンキッチンといっても、台所の形状などの使い勝手を体験するということではなく、様々な会話の中からメニューを考えたり、味付けを変えてみたりしながら料理を楽しむという感じの食卓を体験してきました。今回お誘いを頂いたのは、6年前にあらパパさんへ昆布のことをお話してくれませんかと声をかけてくれて、あらパパさんの昆布普及活動はここから本格的に始動したといっても過...

さお前昆布を食べようプロジェクト開始

0
昆布の需要は依然として落ち込む一方ではありますけど、ダシ用昆布の需要は北海道昆布を盛り立てる様々な方々の努力の甲斐あってか、近年は伸びてきてるように感じています。反面、〝食べる昆布〟として有名な北海道の道東で水揚げされているナガコンブの〝さお前こんぶ〟の需要は、ものすごく落ち込んでいます。大きな原因は、食べる昆布を多く消費されてきた地域の方々が〝食べなくなってきた〟ことではないかとあらパパさんは思...

都会で昆布干し体験

1
スーパーに生の魚が売ってるように、昆布も生の状態で売っていると、都会のど真ん中で昆布干し体験ができる。そして、色々な何に発展する予感もあります。漁業者がどれだけの手間と時間をかけて仕上げるかを、ほんの少しだけでも知ることができるので、普段使っている昆布の価値観も変わってくると思うんだよね。生の魚を捌いて味付けして干して自家製の干物を作る様に。種(苗)を植えて家庭菜園で野菜を収穫する様に。昆布だって...

延棒こんぶ

1
タイトルにあります『延棒こんぶ』は、金の延棒にあやかり、あらパパさんが考案した〝昆布の仕立て方法〟  現代の昆布を取り巻く環境の中、いろいろと考えてみました生産者と消費者がこれ以上減らないよう生産者にはできるだけ簡潔な生産方法と、それに見合った安定した価格消費者には美味しさの品質保証と、安価に提供のできる仕組み日本の食文化を担ってきた北海道昆布の本質から迫ってみました1000年以上も前から、日...

「クックパッドニュース」に掲載されました

0
あらパパさん、お恥ずかしながらクックパッドにレシピを掲載してます。昆布消費拡大へ少しでも貢献できないかなと思っているのですけど、なかなか続けることは出来ず、掲載はたったの8レシピだけ…。それでも、1週間で1000件近くの方々がご覧になってるようです。今日はクックパッドニュースに、裏技!ダシガラ昆布の細切り方法が掲載されました。昆布を使っていただいてる方々に、少しでも役立てたら嬉しいですね。 ...

これからは、あまりこだわらないことにします

0
日本の食文化を担ってきた昆布。無形文化遺産に登録された和食には欠かせない昆布。昆布離れした現代人の食生活にとって昆布は救世主食材。海外にも注目されている昆布。昆布は素晴らしい食材。北海道には様々な種類の昆布がある。昆布の種類の違いで使い方には向き不向きがある。旬の昆布は最高に美味。採取時期によっては…。天日乾燥と乾燥機乾燥の違い。消費の低迷、生産者の不足。こだわってきた思いを羅列したらキリがないの...

海藻オーケストラ

0
昆布は一年生と二年生が混在しています。今時期なら素人が見ても一目瞭然?リシリコンブ以外にもスジメやワカメの他、詳しい方なら何種類もの海藻が混在しているのが見えるでしょう。磯場は緑藻、褐藻、紅藻のオーケストラです。海草(海藻じゃないよ)も生えてるよ。...