FC2ブログ

こんぶログ

延棒こんぶ

1
タイトルにあります『延棒こんぶ』は、金の延棒にあやかり、あらパパさんが考案した〝昆布の仕立て方法〟  現代の昆布を取り巻く環境の中、いろいろと考えてみました生産者と消費者がこれ以上減らないよう生産者にはできるだけ簡潔な生産方法と、それに見合った安定した価格消費者には美味しさの品質保証と、安価に提供のできる仕組み日本の食文化を担ってきた北海道昆布の本質から迫ってみました1000年以上も前から、日...

食品ロス

0
食品ロス。最近、耳にしますよね。あらパパさんからすれば、世の中もやっとこさっとこ氣付き始めたのかなと思ってるところなんだけど、今を生きる人達って、食べられるものとそうでないものの見極めとか考え方ってのが、それこそ賞味期限切れだ。そんな見極めとか考え方が、一人ひとり少しずつでも変わっていけるのなら、環境に優しい世の中へ移り変わっていくきっかけにはなるのだと思う。未来へ残せる財産の一つになればイイね。...

昆布ダシは60℃の湯で…

0
【昆布のダシのとり方】1)鍋に張った水に昆布を入れ数時間放置してもとれます。2)鍋に張った水に昆布を入れ沸騰直前で昆布を引き上げてもダシはとれます。3)鍋に張った水に昆布を入れグラグラと煮立ててもダシはとれます。4)鍋に張った水に昆布を入れ60℃で1時間煮出してもダシはとれます。5)炊飯ジャーに張った水に昆布を入れ、保温で丸一日入れてもダシがとれます。どんな料理を何処で誰が作るかによって、昆布のダシのとり方は様...

昆布の味とダシのうま味

0
乾燥した昆布を水に戻すとダシがとれます。水戻しされた昆布は煮たり炒めたりそのままサラダで食べたりできます。一般的にはこんな感じの使い方や食べ方ですけど、乾燥した昆布をそのままポリポリ食べることもできます。既製品のおしゃぶり昆布は色々な味付けがされていますけど、北海道で採れる昆布は種類の違いや採取時期、場所の違いで様々な食感と風味と美味しさを楽しむことができます。あらパパさんがこれまで食べて(乾燥し...

食べる昆布

0
この前ね、あらパパさんの故郷、浜中産のナガコンブの棹前昆布を入手しました。しかも、貴重な部位の棹元(さおもと)です。棹元って…何?根元に生長点のある野菜(長ネギとかキャベツ)なんかでもそうなんだけど、昆布もね、根元ほど中心ほど身が厚くて甘くて柔らかくて食感もイイ~んだよ。ナガコンブは10mくらい…もっと長いものもあるんだけど、その長い昆布の根元から1mくらいの部分を〝棹元〟って生産地では言ってます。...