FC2ブログ

Welcome to my blog

こんぶログ

昆布の魅力を発信します

Category: 昆布を食べようプロジェクト

 さお前こんぶとオニオンペースト

冬場の貯蓄野菜の一つに玉ねぎがあります。 発泡スチロールに入れて〝シバレナイ〟ように管理しています。 だけど、ポカポカと春めいてくる頃には芽が伸びてきます。 そうなってしまうと外側からブヨブヨしてきて腐ってきます。 なので、そうならないうちにオニオンペーストなどを作って大量消費します。 オニオンペーストを作って冷凍保存しておくと、カレーやミートソースなどを作るときには重宝するし〝なまら〟旨くなりま...

 佃煮風

この頃は魚の煮付けを作る時、ダシ用昆布ではなく、食べる用昆布を使うようにしています。何故って!?食べる用昆布でも十分美味しく仕上がるし、薄くて安いので沢山入れられるし、焦げ付き防止にもなるし、何より翌日まで置いておくと、程よい柔らかさになって、味もしっかり染み込むんです。煮付けの鍋から取り出した昆布の汁気をキッチンペーパーで拭き取り、くるくる巻いて細切りに。白ゴマなんかを和えるとさらに風味豊かにな...

 ミニ昆布巻き

お勧めの昆布はナガコンブ。さお前昆布があれば文句ないけれど、夏昆布であれば身が薄めのものを選ぶとイイんじゃないかなと思います。先ずは乾燥状態の昆布を長さ8㎝程度に切り揃えます。 切り揃えた昆布は水でザッと洗い、余分な塩分を流してから改めて水に浸します。時間にして10分程度。この時に出るダシは捨てないでください。あとで使います。 10分程度経ったらキッチンペーパーに並べて水乾きするまで放置します...

 おらほの常備菜

毎日、暑いですね(札幌市) 北海道の東で生まれ育ったあらパパさんにとって連日の真夏日と猛暑日は… こたえるわ~ あらママさんも、毎日汗だくになってパート先から帰ってくるんだけど、ご飯は作りたくないよね わかるわ~ もうね、おかずなんて作らなくていいから、あるものだけで食べよ ぬか漬け、納豆、梅干、昆布の佃煮風・・・ 昆布の佃煮風? そう、以前、昆布大使仲間の松田真枝さんが紹介した『きくらげと昆布のバ...

 さお前昆布を食べようプロジェクト開始

昆布の需要は依然として落ち込む一方ではありますけど、ダシ用昆布の需要は北海道昆布を盛り立てる様々な方々の努力の甲斐あってか、近年は伸びてきてるように感じています。反面、〝食べる昆布〟として有名な北海道の道東で水揚げされているナガコンブの〝さお前こんぶ〟の需要は、ものすごく落ち込んでいます。大きな原因は、食べる昆布を多く消費されてきた地域の方々が〝食べなくなってきた〟ことではないかとあらパパさんは思...