FC2ブログ

稚内リシリコンブの干し方

あらパパさん

 現在採取している稚内リシリコンブ

 生長の比較的早い浅瀬の昆布ではありますが、早採りなので、やはり、まだまだ若い。

 昆布の生長を簡単に説明すると、冬から春まで〝伸び〟て、春から初夏までに〝幅を広げ〟て、初夏から採取時期までに〝身を厚く〟する。身を厚くすると同時に裾から〝枯れて短く〟なる。
 場所によってはすでに身入りの良いものもあるようですが、繁茂が過密とう影響もあり、幅は十分に広がってますが、葉元の身入りはまだまだのようです。

 そのような品質の早採り昆布は、夏に採る昆布と違い、1枚1枚丁寧に干場(かんば)に広げて干す、という作業を行う方はほとんどいないようです。

 水揚げされた昆布は、何本も根が絡み合い、株の状態になって採取されています。
 株の多いものは数本に分け、少ないもは合わせながら、根を紐でまとめてました。

P5311465.jpg 
 それを、冬の風物詩でもあるハサガケと同様に干すのが主流。

CIMG0564.jpg

 手間に余裕のある漁家では、少しでも品質の良いものを地干(干場に並べるて干す)しているところもありました。

CIMG0558.jpg 
 ハサガケした昆布も地干した昆布も、天候が悪かったり、干す作業が遅れたりすると、乾かないことは多々あります。そのような乾かない昆布は、乾燥機に入れて乾かすのですが、当然、燃料費がかかってしまいます。

 手間と時間と労力と仕上がり。
 手間をできるだけかけず作りたいのか、手間をかけて良いものを作りたいのか。

 手間と時間と労力をかけて、質を落とす製品を作ってるようにも…。
 あらパパさんの目から見るとそう感じて仕方がない。

 要指導かな。
スポンサーサイト
Posted byあらパパさん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply