FC2ブログ

稚内おおなご

あらパパさん

 稚内ブランドの加工品には、大女子利尻昆布甘酢〆おおなご魚醤が販売されています。

 

 以前の記事でも紹介しましたが、昨年初めて食べた天然食材のおおなご(大女子)は、釘煮で有名な〝イカナゴ〟という魚。

 そのイカナゴは、稚内や利尻の海では、一般的にイメージされる大きさとは違いかなり大きいのです。

 ここで獲れるイカナゴを煮たら〝五寸釘煮〟どころではない大きさになちゃいますね。

 

 

〝おおなご〟は刺身が美味い

 

 そんな情報を得ていたあらパパさんは、今年こそは〝刺身を食べてみたい〟と思い、おおなごの底引き漁が始まる前の、利尻島での漁獲を狙って、新鮮なおおなごを如何に入手して食べようかと目論んでいた。

 しかし、もう一歩というところで叶わず。残念でした。

 

 仕方ないので、この時期の底引き船が獲ってくるコタコタの〝おおなご〟をスーパーで購入。

 

P6091593.jpg

 

 基本的にここで獲られるおおなごは、養殖魚や水族館にいる海獣のエサ用ですから、小売りでも20㎝~30㎝のおおなごが22匹入って、なんと280円という激安なんです。

 

 庶民の味方おおなご、万歳です。

 P6091595.jpg

 

 それでね、中には硬直が解けてない、ピンッとしたおおなごもいたりするので、それを思い切って刺身でいただいてみることにしました。

 

 思ってたより身がキレイ~でびっくりです

 P6091597.jpg

 

 でもね、一口食べると身は柔らか。くちゃくちゃです。やっぱ鮮度かなぁ~。

  

 鮨ネタとしてはどうだろう!?

 P6091605.jpg

 

 食感があまりにも落ちてしまっているので、正直、美味しいとは言えない。だけど新鮮だったらどうなのかな?とも思った。

 干物で食べると、意外と脂が多い魚なんだけど、生の場合は思ったほど甘味やうま味も少ない。やっぱ干物が一番かな~と思いつつ、天ぷらを作ってもらった。

 

 背開きにして1匹を丸ごと揚げてもらった。

 見た目は小ぶりなアナゴに似ていて、味はさっぱり食感はフワフワ。 

 昆布のダシをガッチリきかせた天つゆに、おろし大根とショウガでいただきました。

 

 旬の食材はやっぱ美味しいですね。その食材にあった食べ方も大事です。

P6101610.jpg

スポンサーサイト
Posted byあらパパさん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply