FC2ブログ

Welcome to my blog

こんぶログ

昆布の魅力を発信します

 胃腸疲労

年末年始のご馳走で胃腸の疲れもマックス。
そろそろ、ご飯と三平汁と飯寿司だけのさっぱりした食事がしたいところ…。
明日、愛知へ戻る息子へ、正月休み最後に食べたいものはと聞くも…。
父の味、広島お好み焼きだとさ!
嬉しいやら辛いやら
大量に作り置きした濃厚一番ダシを使ってお好み焼きの生地作り。
薄く伸ばした生地へ大量の細モヤシとキャベツの千切りに揚げ玉を加えて豚の三枚肉をのせる。
生地が香ばしく焼けたら一氣にひっくり返す。
ひっくり返すと同時に中華麺を炒め形を整える。


三枚肉がパリっと焼け焦げ目がついたら、中華麺の上に乗せる。
全体の形を整えて8分ほどじっくり焼く。
中華麺がバリバリに焼けて野菜がシットリ蒸し焼きされたら、卵を落としその上へのせる。


卵にしっかり火が通ったら全体をひっくり返して生地をバリっとなるまで2度焼きする。


適当な大きさに切り分けたら、青ネギを振りかけ、お好み焼きソースをたっぷりかけて、マヨネーズを程よく、仕上げに青のりをお好みで振りかけ出来上がり。


息子は一枚ペロッと食べてしまうけど、あらパパさんは作っただけで胸がいっぱいだ。
それでも折角だからと、もう一枚焼いてあらママさんとシェア。
安定の美味さだったよ!食えるもんだね!

0 Comments

Add your comment