FC2ブログ
こんぶログ

削り昆布とキノコおろし

2020/04/28
一日一食-今日の食事 0
あらパパさんちの人気の常備菜にキノコと大根おろしを和えた『キノコおろし』があります。

一般的にはナメコと和えた〝ナメコおろし〟が主流なのかな?

P4243982.jpg

あらパパさんちでは、ナメコにこだわらない。
旬の天然のキノコが手に入ればそれで作るし、一般的に売っている色々なキノコには、シメジとかエノキとかシイタケとかあるので好みとその時々に合わせて作っています。

だけどね、あらパパさんちでは〝エノキおろし〟が好みなんです。
たまに奮発して茶エノキでつくるそれは最高に美味。


あらパパさん流、キノコおろしの作り方

お好みのキノコを湯がきます。茹で時間はお好みで。
(キノコの茹で汁は捨てずに昆布を加えて味噌汁のダシに使ってください。最高に美味です。)
茹でたキノコを冷水で冷やし水を切ります。
その間に、大根おろしをお好みの量をおろしましょう。これが大変なんだよね。
orosikinoko2040241.jpg

大根おろしは汁がたくさん出てくるけれど、あらパパさんちでは捨てません。
そのままキノコと和えます。
(お好みで大根葉もさっと茹でて刻んで入れると見栄えもいいです)

そして、削り昆布を加えることで程良い粘りとうま味が加わります。
orosikinoko2040242.jpg

削り昆布はあらパパさんの考案した『延棒こんぶ®』の進化系、超延棒昆布(密度1.5)から必要な分だけを出刃包丁で削いでます。

削ぐ技術と道具も必要になりますけど、そもそも超延棒こんぶがなければ無理だよね。

この延棒昆布、薄い包丁で擦り削ると『とろろ昆布風』も作れちゃいます。
技術は必要ですけど、何度か挑戦すると誰でもできると思います。

センスのないやつは、指もぐかも(切断するかもという意味)しれない。


Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
食事をとるなら良いものを。
食材と手作りにこだわりを持った熱血オヤジは、質の良い昆布が大好物。
本物の『食』には、本物の食材と手間暇、そして愛情が必要です。
質の良い食材をバランスよくシンプルに丸ごと調理することも大事です。
家族の笑顔と健康が、美味しさと幸せの証。
一日一食-今日の食事