FC2ブログ
こんぶログ-昆布の魅力

魚卵の醤油漬け

2021/02/27
お気に入りレシピ 0
チカの卵の醤油漬けをご覧いただいた方よりメッセージが入りましたので改めてご紹介します

魚の種類によって抱卵時期は違います
美味しさや風味も違います
当然、粒の大きさも違えば色合いも全く違ってきます
食べて美味しいものもあれば美味しくないものもあります

正直をいうと
チカの卵は酒に浸して生臭みを消しても
キュウリウオ科の特有な風味をほのかに感じます

なので、好みは分かれるかもしれませんね!

で、メッセージにありました

他の魚の卵でも良いのでしょうか?
について

新鮮であれば、他の魚でも大丈夫です
美味しくいただくことができます!

あらパパさんは一年を通して、旬の魚の卵を嗜んでいます
鮭の卵(いくら)はあまり好みではないので初物を少々味わう程度なんですが、マダラの卵、スケソウダラの卵(タラコ)、コマイの卵、ハタハタの卵(ブリコ)、カレイ類の卵、ボラの卵(からすみ原料)、カジカの卵などなど

中でもツマグロカジカの卵の醤油漬けは大好物
痛風になった今でも…ね…

ツマグロカジカの卵は通称ギス子
12月か1月ごろにマニアックな魚屋さんに行くと、タイミングが良ければ見つけることができるでしょう(石狩の丹野商店や稚内の丸善)
写真 2021-01-25 22 25 34

価格は10腹入って800円くらいです

写真 2021-01-25 18 15 43

これを2パック買って大量に醤油漬けを作ります
冷凍保管もできますよ!

作り方のコツは
日持ちさせるために水を使わないことと
臭みを消すために酒に1時間以上は浸しておくこと
魚卵はサイズによって、フォークなどを刺して穴をあけてから酒に浸すことも必要です
指でしごいたり、血管に傷をつけてあげるとさらに良いでしょう

1時間以上酒に浸した魚卵はキッチンペーパに上げて
さらに、汚れを綺麗にとり除きましょう

その間、魚卵を漬け込む調味液作りです
あらパパさんの好みは醤油2酒2みりん1の割合
甘めが好きな方は醤油1酒1みりん1の割合が良いでしょう
お好みで調整してください

合わせた調味液は火にかけ煮切り、アルコールを飛ばします
火を止めたらダシ用昆布を適量入れて冷ましましょう

適当な入れ物に移した魚卵に調味液を注ぎ入れるのですが
魚卵がしっかり隠れるくらい浸しましょう
魚卵の量が多いときは、何度か天地返しを行うとムラなく漬かります
漬かるまでは魚卵の大きさにより、半日から1日間くらいかかります
魚卵が調味液を吸い込み、しっかりと漬かれば出来上がり
(写真下、魚卵の色が薄いところは漬かりの浅いところです、あともう少しかな)

小分けして冷凍すればいつでも楽しめます

写真 2021-01-26 9 58 22

時期にもよりますけど、入手しやすいスケソウダラの卵(生のタラコ)は
醤油漬けにすると絶品なので、魚卵好きの方には是非とも味わっていただきたいです


食材豊かな北海道
昆布を上手に活用しましょう

昆布の使い方や北海道の食材についてのお問い合わせは
あらパパさんにお任せください

あらパパさんへの連絡方法は
FB、LINE、Gmailのどれかへお気軽に!

・FBのメッセンジャー

・LINE

・Gmail
arachinpapa@gmail.com













Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
食事をとるなら良いものを。
食材と手作りにこだわりを持った熱血オヤジは、質の良い昆布が大好物。
本物の『食』には、本物の食材と手間暇、そして愛情が必要です。
質の良い食材をバランスよくシンプルに丸ごと調理することも大事です。
家族の笑顔と健康が、美味しさと幸せの証。
お気に入りレシピ