FC2ブログ
こんぶログ

新天地、稚内での燻製づくり

2016/06/27
こんぶを使った料理と商品 0
 道北(北海道の北)のデパート『西條』。
 肉を購入するときは『西條』。
 夕方の4時になると20%オフの商品が半額になる。
 日本人も中国人もごちゃまぜで待ち構えている。
 あらパパさんもあらママさんも待ち構えている。
 先週の土日に購入した鶏のささみや胸肉、豚のモモ肉やバラ肉。
 お得意の乾塩法で味付けし数日冷蔵庫で漬け込み熟成。
 漬け込み後は水で表面を洗い流し水気を取る(塩抜きしない)。
 半日から1日、屋外か冷蔵庫で表面が乾くまで干す。
 アパート暮らしの身分ではモクモクと屋外で燻すわけにもいかないので、カセットコンロとダッチオーブンを利用し室内の換気扇の下で温燻を楽しんでいます。


 『あらパパさんお得意の乾塩法』
 お好みのお肉の重量に対し3%の塩と1%の自家製かえしと甜菜糖。それにお好みの香辛料適量と昆布を入れビニール袋で揉み込み3日間ほど冷蔵庫で熟成。



 愛する子供たちへ…。
 次に何か送るときに、食べやすい鶏ささみ燻製をまとめて作って一緒に送ります。おやつ代わりに食べてね。
 コンビニで売ってるのよりマジ美味しいから。
 楽しみにしててください。
 

Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
食事をとるなら良いものを。
食材と手作りにこだわりを持った熱血オヤジは、質の良い昆布が大好物。
本物の『食』には、本物の食材と手間暇、そして愛情が必要です。
質の良い食材をバランスよくシンプルに丸ごと調理することも大事です。
家族の笑顔と健康が、美味しさと幸せの証。
こんぶを使った料理と商品