FC2ブログ

2016年のGW

あらパパさん

 今年のGWは、巣立った子供たちが室蘭であらパパさん夫婦は転勤で稚内。
 そんな状況下、子供たちが親元に帰省するにもバスやJRを乗り継いで8時間以上。
 あらパパさん夫婦が故郷に帰省するにしても車で8時間以上。
 ましてや、あらパパさん夫婦が子供たちを迎えに行き、あらパパさん夫婦の故郷へ帰省するとしたら…。北海道の大三角形を走破しなければならない。

 さてどうする?

 子供らと相談。

 相談も何も、『勉強もあるし友達と予定もあるし…』と親離れした子供たちからの即答。

 ちょっと悲しいけど、ちょっと安心で頼もしい。

 ということで、利尻昆布のダシと浜中町のホッキのうま味が決め手の、あらママさん特製ホッキ飯でおにぎりを作り、あらママさんと愛犬クーと一緒に4泊5日の帰省を決行しました。


 先ずは2泊霧多布。
 この時期のファミリーパークあら井は、山菜では行者にんにくくらいかな?
 ヤチブキやセリ、三つ葉やタラの芽なんかはこれからって感じでした。
 その代り、ハウス内のほうれんそうやネギなんかは食べごろでしたね~

 ファミリーパークあら井のメーンストリート。
 新緑を迎えるこれからの時期がカラマツ林の見どころです。


 続いて2泊を厚岸で。
 子供たちが小さかった頃、たぶん10年以上前に登ったきりのお供山を登頂。
 天気も良く、眺めも最高でしたし、様々な野鳥の大合奏も素晴らしかったです。
 厚岸湖内では白魚漁や牡蠣養殖の手入れなどでGWにも関わらず漁業者は汗して頑張ってました。

 夜中にカメラを片手に徘徊。
 怪しいヤツがいると通報されそうな雰囲気でしたが、真っ赤に輝く厚岸大橋を魅了し撮影してきました。



 普段、1食~1食半生活をしているあらパパさん夫婦ですが、実家で4泊5日の『上げ膳据え膳1日3食生活おやつ付』の泥沼に引きずり込まれた結果、この期間だけで3キロ増。参りました^^;
 今年は食べられないだろうなと思ってたトキシラズとか牡蠣とかアサリとかホッキとかケガニとか山菜とかいろいろと旬の美味しい食べ物を食卓に並べる『食べさせたい』という母心には勝てませんね^^;

 お腹は苦しい、体は重い、実家といえど生活サイクルの違う今、実際のところ疲れは溜まる一方。
 そして、北海道を縦断する距離。稚内~厚岸浜中ぶ~らぶら。
 1000キロメートル以上の走行。これだもの疲れるさ。


 結果、46のオヤヂの体は『なにもしたくない病』が発症。

 でもね、体に鞭を入れ早起きして行ってきましたよ!!
 日帰りでしたがあらママさんと一緒に利尻島へ。

 浦河の楽しい仲間たちが先日から道北旅行に来ていたので、合流して現地のガイドさんと一緒に利尻島を散策するのが目的。

 天気が悪いのでどちらかというと食の方が進んだのかな!?
 大きなホタテ焼き、2枚で500円。
 観光地の割に激安だと思いませんか!!


 でね、利尻だけじゃなく、稚内でもそうなんだけど、このツブが案外お高いんだよね~。
 ヒメエゾボラ(通称アオツブ)5個で700円。
 美味しいけどね^^


 そして、これも名物?
 ミルクのカルピス?
 ミルピス
 味の方はミルクでもなければカルピスでもない…。


 写真はないですが、利尻昆布もどっさり売ってる売店で、利尻昆布の昆布巻などの味見もできるというので、食べるだけ食べてきました。本当のところ、昆布が目的ではなく、島海苔が売ってないか気になっていたのですが、島海苔は地元だけで消費するので売ってることは稀らしい。
 食べたいのなら地元の飲食店でいただくしかないようですね。

 あとね、群がり系フェチのあらパパさんが、身震いするほど感激した、ウミネコの集団営巣地(コロニー)を間近に観察することができたこと、これには疲れも一気に吹き飛びましたね~。

 みゃ~みゃ~


 みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~


 みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~


 みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~
 みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~
 みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~
 みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~


 昆布干場(かんば)にだけは爆弾を落とさないでくれな^^;

 今日は生憎の天気でしたが、1か月ちょっとぶりの仲間たちと出会えた喜びに心も和み、ガイドしてくれた利尻はなガイドクラブ代表の平沢さまとも知り合うことができ、とてもよかった一日でした。

 フェリー最終便。

 『またこいよ~』『いってらっしゃ~い』の見送りもしていただき感動です。(左緑の方と子供二人は島の人)

 
 だけどさ、島の人っぽくみえるけど浦河の人(子供含め右から4人)と稚内のあらパパさん夫婦との間での『いって らっしゃ~い』『いってきま~す』『またこいよ~』『またくるよ~』は…なんだか不思議な感じがしてならなかったです^^;

 また行きます。何度でも。


 




Posted byあらパパさん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply