FC2ブログ

北海道の自然を知る  ファウラ faura

あらパパさん


 今回発売された50号の記念特別号には、コンブの科学と題した特集が30ページにまとめられ、表紙も昆布の水中写真が使われ魅力ある一冊が現在販売中です。
 


 友人に勧められ、さっそくに書店へ。
 ページをパラパラめくると、海中の森やコンブの四季と題した海中写真が掲載、そこにはかなり詳しい用語なども使われてることに驚きました。『子嚢斑』とか『胞子嚢』とか『胞子体』とかね^^

  まぁ~、昆布に生かされているあらパパさんですから、ここに書かれてる内容は全て知ってることなので、それほど必要な本ではなかったのですが、昆布のエピソード①と②には、関わりの強い地域が紹介されていたので、昆布コレクター要素も持ったあらパパさんは、記念に一冊^^v  

 今現在、お世話になってる地域の日高昆布がエピソード①に紹介されてました。
 他のページにも、森を育てるコンブ漁師えりも岬の物語が掲載。


 そして、8年ほど前までの13年間をお世話になった地域の羅臼昆布がエピソード②に紹介されてました。



 ここの地域は、若き日の修業の場でもあったので、楽しい事よりも辛い事の方が多かったはずなんですが…今となっては良き思い出ばかりです。

 その他には、昆布に関係はありませんが、様似町の写真コンクールも掲載されてました。
 そこには様似の友人が撮った写真も掲載されてたりして…
 あらパパさんにとっては思い出の一冊に。大事にします。

 
Posted byあらパパさん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply