FC2ブログ

5.持込居酒屋おらほ『コバタケファームがやってきた』

あらパパさん

 2年前、1通のメッセージから始まった物々交換
 京都のコバタケファームファミリーがあらパパとあらママへ会いに来てくれました。

 かんちゃん→6日の午前中には浦河町へ到着予定です…
 あらパパ→その時間帯は夜のおらほで食べてもらう生昆布を採りに行く予定です。ご一緒しましょうか?
 かんちゃん→ぜひ^^

 堺町のセブンイレブン前で待ち合わせ。感動の出逢いと熱い握手を交わし、いつもの磯場へ。
 かんちゃん…どうでもいいですが寒くないですか?

 
 昆布以外にもたくさんの海藻に感動してくれたコバタケファミリー。深いところから、昆布・ギンナンソウ・マツモ・岩ノリ?・フノリと棲み分けしてるんですよ~と教えると、さっそくに子供たちへレクチャーのかんちゃん。

 で、この後のランチを海の見えるパン屋さんで。
 パン屋さん『ぱんぱかぱん』のパンと、笑顔の素敵な店主からも素敵なやさしさをいただき感謝。ありがとうございました。


 スイさんはスタンプハウスのスタンプに興味津々。


 この後、おなかイッパイになった子供たちに眠気が襲う。
 睡眠時間のズレを調整するべく寝かせないためにも遊具のある施設へ。走行時間15分。子供たちは車内で寝てしまった。
 そのおかげもあり、小一時、かんさんとまきさんと芝生の上でいろいろなお話をゆっくりできたのかもしれないですね^^
 で…目が覚めたレイさん、号泣。この後スイさんも号泣。


 目覚めのたびに号泣する子供たちをみて、うちのマサヤ(現在、大学2年生のあらパパの息子)もこうだったな~と思い出しました^^

 機嫌のよくなった子供たちはフルパワー、一通り遊具で遊んで最後に乗った猫ちゃんカート。


 かんさんの駆動とかんさんの歌で子供たちを楽しませるも…。
 管理人のおじさんからの注意!が入り終了の合図。

 
 寒空の下、遊び続けたコバタケファミリー。芯から冷え切った身体を温めるため『温泉!?』へ。
 
 あらパパはおらほ開店の準備があり、ここで一時別れる。

 今回のおもてなしは、いつもお世話になってる池田鮮魚店の大将にお願いしたお刺身盛りがメーン。
 マガレイを中心に、クロソイ、ハッカク、ホンマス、ボタンエビ、ホッキ、マツブ、メヌケ。


 タイミングよく、日高昆布の特上浜、井寒台(イカンタイ)の採れたてウニが入手できたとサプライズ!
 大将のやさしさをありがたくいただきました。感謝。


 毎度のことながら、あらパパ呑みすぎたかもしれないが、あらパパの仕事や昆布のちょっとしたWSもできたのでまぁ~良かったかな~と自分をほめる。

 WS中…
 うま味に敏感な子供たちは・・・しがむ。

 
 よだれダラダラ・・・しがむ。


 昆布のうま味は麻薬的な効果があるのか…^^
 子供たちのテンションはアゲアゲ。動きが速すぎてブレブレ。
 こんな光景にあらパパは嬉しくて嬉しくて^^


 そして最後はみんなで記念撮影。


 かんさん、まきさん、スイさん、レイさん、楽しい一日をありがとうございました。あらパパもあらママも機会をみつけてコバタケファームへ遊びに行きますのでその時はまたよろしくね^^v

 コバタケファームのおらほ記事はこちらをクリック!!


 
 今回の旅は田植え最中の忙しい時だったからか、北海道へ来られる三日前に宿を予約したそうです。
 浦河町の旅館を片っ端から電話をしたらしいのですが、どこも満室!?だったという。
 唯一空いていたのが浦河町荻伏駅前のだるま屋旅館。
 
 思わずあらパパ→すごいところに泊まるんですね~ ( ・.・;)
 かんさん→だるま屋旅館に入ると、だるまがたくさん並んでるんですよ~(゚ロ゚;)
 ちなみに、だるま屋旅館は貸切状態、宿泊客はコバタケファミリーだけだったそうです(((( ;゚д゚)))

 超気になる旅館でしたが、翌日、かんさんからメッセージが…。
 
 『だるま屋旅館、すごくよい旅館でしたよ。みなさんにお勧めしても大丈夫です。』

 かんさんお墨付きの旅館。
 今度あらパパも泊まってみようかな~d(*^0^*)d


 

Posted byあらパパさん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply