FC2ブログ

生活習慣チェック

あらパパさん

 本日も番外編です。

 々の食事と生活習慣をチェックするために、毎日毎日昆布昆布天然自然手作り自家製という、うざったらしい内容の記事が続き、大変申し訳なかったです。
 一日一食を実践している、あらパパさん家の食生活を確認する記録としてのものでした。今日は、ここ数日の最終記録としての記事になりますのでご了承ください。

 在のあらパパさん家(夫婦二人生活)は、基本的に朝抜き昼抜き夜だけを食べるという『小食』を意識した生活スタイルをとっています。
 理由は、『心も身体も健やかに人生を楽しむため』にあります。
 このような生活になるまで、あらパパさんの場合で約2年間かけて行ってきました。あらママさんはあらパパさんの影響もあり昨年5月から…。
 あらパパさんもあらママさんもいきなり始めたのではありません。朝を食べない生活は特に意識もせず十数年行っていたので、既に一日二食という生活スタイルからの開始でした。昼を軽く済ませるという一日一食半生活を約1年ほど行い、その後、環境の変化(職場の食堂がなくなった)を切っ掛けに、約一年前から一日一食生活を始めました。一日に一食ですから、その一食を簡便的に済ませるという考えは全くなく、できるだけ質の良いものやバランスも考え出来る限り手作りを意識しています。

 『一日に一食しか食べない生活』を約10日間程チェックして分かった事。
 そうなこと言ってるようですが、食後から就寝前までに何かしらつまみ食いしてたり、持込居酒屋おらほ開店日は帰宅後のバカ食いもあったり、休日のランチは食後のデザートを食べ過ぎたりと、10日間の内、約半分は何かしら守られていない日がありました。凡人ですからそんなところだろうとは思ってましたけどね…^^;
 
 『そんなことでは一日一食生活とは言わないだろう』とご指摘される方もいらっしゃるかと思いますが、つまみ食いしたといえど、夜の9時以降は食べないということはある程度守られ、一日の空腹時間は20時間以上(夜9時~翌18時)をキープしていますので、一日一食といっても過言ではないように思います。
 実際、現代の飽食環境では一日三食を食べてる方々の内、10時と15時と夕食後におやつを食べ、寝る前にも何かを口にしなければ寝られないという方。これでは一日三食とは言わず一日七食になります。空腹である時間はほんの数時間でしょう。
 一日二食であった以前のあらパパさんも、おやつこそ食べる習慣はありませんでしたが、昼と夜の他、晩酌はほぼ毎日、就寝するまで飲み食いしていたのだから、言うならば一日四食だったようなもの。空腹時間は約12時間くらいもあれば良い方。

 代人の食生活は飽食と依存であるということを理解しなければなりません。しかし、『飽食と依存』という環境だからこそ、理解することは難しく、理解しようとすると拒否反応や現実を知る怖さに目を覆う。実際は『気づきたくない、知りたくない』というのが本音だと思います。タバコやアルコールの依存と全く同じです。
 一日一食とか二食とか小食とか断食とか絶食とかいう現在注目されつつある食生活(賛否両論)は、今もなお奇人変人がやってることだ!という見方が一般的です。
 以前のあらパパさんもそのとおりですが、お腹いっぱいで十分に足りているのに欲してみたり、冷蔵庫や冷凍庫に食材が余っているのに、安けりゃ大人買い、貰えるものは貰ってしまえというような『もっともっと精神』の考え方でした。このような考え方では、いつになっても幸せにはなれない。冷静に考えてみれば、日々の苦しみの全てが『もっともっと精神』であることに気付く。
 『進歩や進化や欲を全て捨てろ』とは言わないが、『足るを知る』ということを十分に理解し、目先の損得勘定だけではなく、知らず知らず意味もなく無駄遣いしているモノやコト、それらをどのように変化させ有意義に使えるようにするかを日々考えるようにしています。少なからず、日々の生活の微々たる節約をもって、家計(学資など)を助けようなどと思っての考えではなく(一時的な節約では家計の足しにはならない)、毎日の悶々とした世の中を、如何に楽しく、そして長く過ごせるかということに、あらパパさんは日々焦点を置いています。
 小さな節約(意味の無い日々の買い物)を大きな喜びに変えることが(変えようとする心が)、家計も仕事も人生にとっても必要なことであると、あらパパさんは思う訳です。
 あらパパさん家の小さな節約は、月に数度の外食とか温泉やドライブ、年に数度の旅行など、あらパパさんとあらママさんの気持ちや士気を高めるためのエネルギー源となっています。

 以上で記録は終わりますが、4年前のあらパパさんが聞いたら、とてもウザったらしいと思うような生活習慣や考え方…なのですが、おなじ人間でもが変われば行動習慣人格、そして運命までもが変わるのだということを改めて感じてます。

 人生って面白れ~。
 

Posted byあらパパさん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply