FC2ブログ

春クキナガコンブ

あらパパさん

根室地区より以下のとおり状況報告があった!
 


 
お疲れさまです。
根室地区では、5/31から春くきながこんぶ漁が始まりました。
 
解禁日が5/26だったのですが、悪天候や波の影響により、なかなか操業出来ずにいましたが5/31にやっと出漁しました。
 
採取4時間中(7:30~11:30)、2時間くらいは潮が良かったので全船(55隻/59隻)満船にして帰港する船が多い状況でした。

 
着生については多少、浅瀬は流氷の被害があったみたいですが、まだ採る昆布はあるそうです。

 
品質については、採り場所によってバラツキがありますが、総体的には実入りが若干薄いものが多い状況です。


干場で干しているのを見れば、中帯部やヒレの部分が薄く、色が悪く(黄色)仕上がりそうな昆布や根が硬いため途中で切れてしまい、頭がないこんぶなどが目に付きました。
 
次回の採取は潮まわりの良い日に操業するそうなので、次回の採取で実入りの回復が見られることを期待します。

 



根室市落石(オチイシ)の春クキナガコンブは
北海道の天然昆布で一番早く採取される昆布の種類!
出世魚ならぬ出世昆布でもあり
前年の夏~秋にクキナガコンブ
明けた春(現在)には春クキナガコンブ
その年の夏~秋にはオオアツバコンブと呼ばれ
種類としては羅臼昆布と同じオニコンブでもあります

この時期の春クキナガコンブは通称バフラコンブともいい
湯がいて食べるととても美味しい^^

通常は乾燥させた製品の殆どが富山県へ旅立つそうです
タケノコと一緒に煮るらしいですよ^^
 

 
6/19追記 
この記事の一部を昆布大使の皆様へ近況としてお知らせした結果、
日本昆布協会の『こんぶろぐ』記事へ採用され掲載されました。
書庫変更:こんぶの産地~根室→昆布大使レポート
Posted byあらパパさん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply