なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

本日の儀式 -冬至-

2016/12/21
こんぶを使った料理と商品 0
 料理を作るときの水替わりに昆布水
 あらママさんの作る餡子にも昆布水が大活躍。
 小豆と昆布水を煮て作った自家製の餡子は、豆のうま味を昆布が引き出してくれるので、甘さは抑えても満足いく美味しさです。

 
 今日は冬至。カボチャを食べなければならない日。
 子供のころから両親に脅される『冬至にカボチャ食べないとアタルよ』という言葉。怖かったね~。
※アタルというのは心筋梗塞とか脳梗塞とかのこと(怖)。

 なので、甘いものが嫌いなあらパパさんは昔々からこの日が憂鬱でしょうがなかった。したけど!ここ最近、甘党になりつつあるあらパパさんはちょっと違う。
 昆布水で煮た餡子の美味しさがハマったのか、餡子が大好きになってきた。

 昨年までは、いやいや食べていた冬至の儀式も、今年は美味しく儀式を済ませることが出来ました。

 何杯もお変わりするほど、うめがった~。


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶを使った料理と商品