なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

佃煮風

2020/02/06
こんぶを食べようプロジェクト 0
この頃は魚の煮付けを作る時、ダシ用昆布ではなく、食べる用昆布を使うようにしています。
何故って!?
食べる用昆布でも十分美味しく仕上がるし、薄くて安いので沢山入れられるし、焦げ付き防止にもなるし、何より翌日まで置いておくと、程よい柔らかさになって、味もしっかり染み込むんです。


煮付けの鍋から取り出した昆布の汁気をキッチンペーパーで拭き取り、くるくる巻いて細切りに。


白ゴマなんかを和えるとさらに風味豊かになります。
あらパパさんちの煮付けは砂糖を使わないので、キリッと醤油のきいた味付けです。
鍋に残った昆布も醤油がキリッときいた佃煮風になります。

ご飯にも当然だけど、おにぎりの具には最高だね!
道東産のナガコンブをお勧めします。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶを食べようプロジェクト