なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

乾燥コンブ

2020/06/09
こんぶの研究 0
ワカメには生ワカメと塩蔵ワカメと干しワカメがあるよね。
生のワカメは産地でなければなかなかお目にかかれないけれど、塩蔵したワカメや乾燥ワカメは一般のご家庭でも手軽に使える食材です。
干ワカメ200608

あらパパさん家で食べているワカメは利尻島産。
どちらかというと塩蔵ワカメが好物で、素干しした乾燥ワカメはあまり好きではなかった。ってか正直なところ一般的に売られている乾燥ワカメ(お味噌汁にパッと入れる)とは風味も食感も違うのであまり美味しくない。

実は、利尻でいう素干しのワカメと一般的な乾燥ワカメとは製法が違い別物であることを、利尻ワカメプロジェクトの代表から教わりました。

利尻島でいう乾燥ワカメは、採取したワカメの芯を抜いて素干ししたもので、お味噌汁にパッと入れて食べることのできる一般的な乾燥ワカメは、塩蔵ワカメを塩抜きして干したものなんだそうです。

なるほど

その違いで味や風味が食感までもが違うんですね。

よっしゃ

そうとわかったら先ずは自分で試してみよう。
先日届いた塩蔵ワカメを使って自家製の乾燥ワカメを作ってみました。

作り方は簡単

塩抜きしたワカメを外で干して適当な大きさに切り分けるだけ。
天気が良ければ比較的直ぐに干せます。
塩蔵ワカメ2006081

コツは完全に乾燥しない状態で切り分けてからザルなどを使ってしっかりと乾燥させる。乾燥しすぎてしまうと切り分けるとき砕けます。

乾燥剤を入れた小瓶に入れておけばいつでも味噌汁の具として楽しめます。

ワカメプロジェクトでは、今年水揚げしたワカメの他に、ワカメ養殖の綱に自然に繁茂した利尻昆布もお試しで塩蔵コンブなるものを作ってみたらしいです。
塩蔵昆布2006081

先日、塩蔵コンブなるものも頂いたので、折角なのであらパパさんは手軽に食べられる乾燥コンブを作ってみようと思います。

乾燥ワカメの要領で!! 上手くいくかな?
塩蔵昆布2006082
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶの研究