なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

見た目!? それとも品質!?

2016/08/13
こんぶの産地 0
 北海道の昆布は種類によって様々な規格が決められ等級ごとに選別出荷されています。
 等級が良い物ほど幅があり厚さがあり長さがあったりと、『見た目が良いものほど等級が良い』という規格になってます。

 しかし、等級が良いものほど美味しい昆布かと言うと一概には良いとは言えません。

 美味しい昆布は野菜と同様、見た目ではなく『質』が大事です。
 見た目は劣っていても、香りが良く艶の良い昆布はやはり旨い。
 どこの業界でもそうかと思いますが『品質は二の次で見た目さえよければそれで良し!』という方々は、規格に合致している製品であっても商材として合わないという理由だけでクレームをつけたりするものです。
 これほどの香りと艶があり、旬の時期に採取した質の良い利尻昆布(幅が狭いので4等)であっても、見た目が細いという理由だけでクレームをつける方々(地元業者にも)がいるというのだからとても悲しい。



 ※見た目が悪いものが良いということを言ってるわけではありません。あくまでも質が良いものについてを訴えたいのです。
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶの産地