なまら旨いぞ北海道-こんぶログ

海藻ティー「ダシとはまた違った楽しみ方」

2022/03/26
こんぶの研究 0
今回お勧めする海藻ティー!
一般的に市販されている昆布茶とは全くの別物です

茶葉のように使い楽しむ海藻ティーです

作り方は、海藻(乾燥、または生)をカップに入れて湯を注ぐ(1~2分置いてから撹拌)

たった、それだけ

個性豊かな海藻のフレーバーが楽しめます
フレーバーを楽しむには、ピチピチした若い海藻の方が向いているかな!?

どこのご家庭にでもある焼き海苔(袋底の粉でもいい)も香ばしくて美味しいので、気になる方は試してみてください!
habanori2203.jpg
海藻ティーの動画→https://youtu.be/9IZmnb4ptCQ



若い素材ではない通常の乾燥した昆布
IMG_0450.jpeg

如何にして美味しく楽しめるか、ということに焦点をおいて試作を繰り返しています

焙煎昆布を煮出すと、とっても香ばしい昆布茶を楽しむことはできるのですが、素材によっては生臭さというか磯臭さを感じたりもする
基本的な焙煎昆布の炒り方動画→https://youtu.be/CKMsARa1qRo

IMG_0451.jpeg

なので最近はコーヒーをイメージして深煎りしてみたり(そのまま食べるには苦すぎる)、コーヒーミルで粗挽きにしてドリップしてみたりと、色々と試してみるも・・・
IMG_0478.jpeg
IMG_0483.jpeg
IMG_0486.jpeg


ん~~~ 
あまり美味しくない
IMG_0490.jpeg


昆布ティーとして楽しむにはあまりも…美味しくはない

だけれども
昆布塩としては深み焙煎昆布のフレーバーがイイ感じに仕上がります
IMG_0480.jpeg


先日紹介した焼き卵の他に、焼き鳥やステーキ、サラダにも合うのではないかと思い、日々色々と楽しんでいます

焙煎昆布の使い方にも向き不向きはあるようですが、焙煎することと煮出すことは、海藻を消化する酵素を持っていないとされる外国人の方々にも海藻食を楽しんでもらえる方法かなと思い、日々試行錯誤を繰り返しています

新しい時代に向う、画期的な昆布の食し方や楽しみ方が生まれるまで…
P3254646.jpg



昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質のこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です
(2022年、相談料は無料期間中です)

連絡方法は次の何れかへお気軽に!
◆Gmail arachinpapa@gmail.com
写真 2022-01-19 17 36 16

Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
食事をとるなら良いものを!
食材と手作りにこだわりを持つ熱血オヤジのあらパパさんは北海道の昆布が大好きです
本物の『食』には、本物の食材と手間暇、そして愛情が必要
質の良い食材をバランスよくシンプルに無駄なく調理することが大切
家族の笑顔と健康が美味しさと幸せの証です
こんぶの研究