なまら旨いぞ北海道-こんぶログ

化学調味料不使用の自家製スープで作る塩ラーメン

2022/06/22
こんぶを使った料理と商品 0
スープやトッピングにこだわりがあるというお店も、蕎麦屋のそば汁とは違って、ほとんどののラーメン屋は基本的に化学調味料(アミノ酸等だけでなく、たんぱく加水分解物や酵母エキスも同じ)をこれでもかというほど入れています

そうしなければ、現代人が好んで食べるラーメンとしての満足感を得ることもできないし採算も合わないからなのだと思います

なので、あらパパさんちでも自家製ラーメンを手っ取り早く作る時は麺はもちろん、スープも市販のタレの素を使わせてもらいますが、家庭菜園の葉物野菜の収穫が豊富にとれだす今日この頃は、トッピング用の煮鶏を準備するときに出る濃厚なチキンスープを使って、無化調ラーメンを楽しんだりしています

鶏はムネ肉よりモモ肉の方がジューシーで美味しいと感じるけれど、おダシのうま味はムネ肉の方が濃厚だとあらパパさんは感じるのですがどうでしょうか?

それに、グツグツ煮るのではなく、沸騰しないくらいを維持しながらゆっくり火入れすると、胸肉はしっとり柔らかく美味しいし、チキンスープも濃厚で透き通ったダシがとれます

そこへ昆布のうま味がプラスされると…おおおおおーーーー


本当からすると、昆布をじっくり水出ししてからチキンを煮る方が良いのかもしれないけれど、あらパパさんちではそんな面倒なことはせず、鍋に水を張って適当に切り分けたムネ肉とダシ昆布と屑ネギとスライスショウガを入れて火にかけ、沸騰直前で極弱火にし30分ほど煮ています
※ダシ昆布は程よい厚みで濃厚なうま味のあるものがお勧め(茶系の天然利尻か天然羅臼、ミミ部分でもOK)

始めは鶏肉のエキスで汁が白く濁ります
IMG_3187.jpeg


沸騰直前にはそれがアク(白いアクは取らなくていい)となって浮いてくる
IMG_3188.jpeg


煮上がる頃にはスープは透明になってきます
IMG_3189.jpeg


後はムネ肉を取り出しスープを濾しとると黄金のスープが出来上がります

そのスープと塩を合わせるだけのシンプルなラーメンスープですが、これがまた旨い

麺は細麺がお勧め
トッピングに盛り付けた白髪ねぎに、熱したラードをかけまわし青ネギを散らしできあがり


興味のある方は、騙されたと思って作ってみてください
一般的なラーメン舌になっている方でも『あーーー美味しい~』と思えるはずです
汁をすべて呑み干しても罪悪感は全くありません!
P6214703.jpg

無化調のラーメンは時間もコストもかかる割に美味しくないといいますが
あらパパさんちの無化調ラーメンは時間もコストもそれほどかからず美味しいです

【2人前の分量】
水1リットル(ほぼタダ)
胸肉500g以上(300円前後)
昆布10g以上(100円前後)
屑ネギ適量(ほぼタダ)
スライスショウガ2~3枚(ほぼタダ)
沸騰させず30分煮てスープを濾しとる

美味しい天然塩10g(ほぼただ)
上記で作ったスープ600㏄
白髪ネギ適量(50円前後)
青ネギ適量(ほぼタダ)
細麺200g(80円前後)
ラード適量(20円前後)

材料費は550円前後、時間は仕込みから出来上がりまで慣れると50分で食べられます



昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています

昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質のこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です


連絡方法は次の何れかへお気軽に!
◆Gmail arachinpapa@gmail.com
◆FBメッセンジャー https://www.facebook.com/arachin.papa/

Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
食事をとるなら良いものを!
食材と手作りにこだわりを持つ熱血オヤジのあらパパさんは北海道の昆布が大好きです
本物の『食』には、本物の食材と手間暇、そして愛情が必要
質の良い食材をバランスよくシンプルに無駄なく調理することが大切
家族の笑顔と健康が美味しさと幸せの証です
こんぶを使った料理と商品