なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

白粉の吹いた昆布で『わんこうどん』を作りました

2023/02/24
こんぶを使った料理と商品 0
コンブを採ってから乾燥させるまでの行程(温度と湿度と風)の違いで、昆布製品の仕上がりは変わります

この場で詳しい説明はしませんが、昆布を長く保管していると、同じ年度に生産された同じ種類の昆布であっても、白く粉の吹くものとそうでないものがあるのです

特にあらパパさんは、独自の湿りを加えた状態で保管しているのでその変化も顕著に現れる

そんな白粉の多く出てしまった昆布!

使えないわけではありません!!

あらパパさんちでは普通に使っているし、それを理解していただける方々がいらっしゃれば安くお分けもしている

熟成期間が長くなった昆布は独特な香りを放つのでカビ臭?と勘違いする方も多いですが、ダシのうま味と風味は芳醇なのです!

P2240044.jpg


白粉の多く出た利尻昆布と煮干しでダシをとる

濃厚なダシに対して一割の醤油とみりん、一つまみの塩で味を調整する

具はなんでもいい

今日は黒マイタケと柏肉を入れました



わんこうどん

うま~い
P2240053.jpg


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶを使った料理と商品