なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

ツナマヨならぬ昆布マヨ

2023/04/06
こんぶを食べようプロジェクト 0
今や定番となったツナマヨおにぎりですが、昭和58年にセブンイレブンから発売されたのが始まりとされています
当時の商品開発担当者がマヨネーズ好きの息子がツナにマヨネーズをかけて食べているのを真似して食べたところ、大変おいしかったので商品化したというエピソードがあるそうです

が!

昭和57年当時のあらパパさんは13歳(中学2年生)で既におにぎりといえばツナマヨでした

あらパパさんちの三時のおやつの定番はおにぎり

ノリを巻いたおにぎりの他、俵型の味噌おにぎりだったり、ゴマやふりかけをまぶしたおにぎりだったり、焼きおにぎりだったりと、母は色々な美味しいおにぎりを作ってくれていました

中でも、あらパパさんが大好きだったツナにマヨを和えたツナマヨおにぎりは、母曰く『油でキトキトして握りづらいのよ』と不満を言いつつも、いつも愛情を込めて作ってくれました

そんなツナマヨの懐かしい思い出が、昨日の昆布マヨレンチン新玉ねぎを食べてたら急に思い出しちゃって…

ノリの佃煮『ごはんですよ』にマヨを和える
これもまたおにぎりの具にあうのですが、それに似た美味しさが昆布マヨを食べた時に感じたのです

おにぎり用にマヨを減らして和えてみました
IMG_5101.jpeg

魚嫌いのお子様もツナマヨなら食べられる…みたいな感じで、野菜(海藻)嫌いのお子様に昆布マヨのおにぎりを作ってみてはいかがでしょうか?

あらパパさんはしばらくハマりそうです
IMG_5102.jpeg
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶを食べようプロジェクト