なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

装飾品として京都へ旅立ったNoma Kyotoの海藻達

2023/04/11
こんぶの魅力 0
昨年から依頼のあった装飾品としての海藻達

2月の末に京都へ発送しましたが、どのように飾られたのか!?


写真は勝手に拝借してきたものになりますが、いきなり目に飛び込んできた写真が『厚岸産オニコンブ』だったものだからあらパパさんもニヤリ

340090555_1300681687462092_5179661320429093798_n.jpg


次の写真には、厚岸産オニコンブと一緒にナガコンブやガッカラコンブらしきものも見えている
コンブ属の中で世界一を誇るナガコンブの長さは強調できただろうか!?

339302193_219336027364371_6628249961947497629_n.jpg


そして、おそらくマコンブとマコンブをモチーフにして作られた装飾品がズラリと並ぶ
間に少しだけ見ているのはガッカラコンブか?
オニコンブの尻尾も少しだけ見えてますね!

339333294_230989422844008_1237887719809365518_n.jpg


あらパパさんが特に大興奮してしまったのが次の写真です
料理の説明をしているIshizakaシェフのすぐ後ろの壁に飾られている独特な形をしたコンブ!

北海道の道東では食品として扱われることのないコンブも、このように飾られるとなかなかカッコいいもんですね~

339826774_190118377136150_4675492596522028215_n.jpg


最後の写真はアナメがたくさん飾られてます
良く目を凝らしてみるとスジメもあるし、アイヌワカメらしきものも見えてます

食用向きではない海藻達ですが、特徴あるスタイルをアピールすることができて、なんだかとっても嬉しそう

個性がしっかり活きています

340639750_947231122981081_2020094374135395473_n.jpg

食べることだけでなく、装飾品でもなんでもいい!
コンブという食材の魅力を多くの人々に広く知っていただけることは、今のあらパパさんの一番の願いです

特に若い世代には、日本の食文化『海藻食』の魅力を改めて知って欲しいです


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶの魅力