なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

自然精製した純度99.99%の白い粉を0.1gずつ楽しんでいます

2023/06/13
こんぶの研究 0
あらパパさんは腎不全のため塩分制限をしています

ショッパイの大好きだったあらパパさんですが、塩分制限はそんなに大変ではありませんでした

今では素材そのものの美味しさを楽しんでいるので、塩の効いてないおにぎりにも慣れたし、塩を振ってない焼き魚も美味しくいただくことができるようになりました

それでもね、一日に6gは摂取可能なので、その日の制限に余裕があれば塩をダイレクトに楽しむ方法もとったりしています

P6120547.jpg

塩気のないおにぎりに、ちょっとだけ(0.1g)ふりかけて食べるとキリッとしょっぱい塩味が堪らなく美味しいし

P6130551.jpg

素焼きした焼き魚にも、ちょっとだけ(0.1g)ふりかけて食べると魚のうま味がキリッと引き立つのです

P6130557.jpg

あらパパさんが普段使っている塩は、イオン交換膜で精製された塩ではなく、釜焚き塩や天日塩で作られたミネラルたっぷりの塩を使っているのですが、今回紹介する塩は、あらパパさんが自然精製した天然の昆布塩

作り方の行程を考えると、天日塩の類になるとは思うのですが、海水を原料とせず、コンブに含まれる海水成分を天日で乾燥させ、アンジョウすることで昆布の表面に析出させた塩化カリウム

いわゆる『花咲』という状態を人工的に作って塩を精製したもの…

色々と調べてみたいことがあり、厚岸臨海実験所でサンプリングしてきたオニコンブを乾燥させてはみたものの、サンプリングした個体が若すぎた事と、天候に恵まれず思うように乾燥を進めることができなかったこともあり、どうしても塩化カリウムの吹き出るような状態になってしまったのです

IMG_5796.jpeg

でもね、吹き出る塩は叩いて振り落とすと天然塩として楽しめますし、赤系統の汐昆布ではあるけれど、姿昆布としてのサンプルにも使えそうなので、サンプリングしてきた昆布は無駄にはなりません

色々と調べてみようとしていたことはまた次の機会に挑戦することにしました

P6120550.jpg




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶの研究