なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

これから先のあらパパさんの人生のありかたをナガコンブの生態に見習う

2023/12/02
これからの生き方シリーズ 0
今年もあとわずか、12月に突入しました

12月にもなると、ナガコンブの再生個体を観察するいい季節となります

ここ数日は、強風だったりして時化が続いてたので海への散歩は控えていたのですが、今日はとっても気持ちもよく穏やかな日だったので、ウオーキングがてらいつもの海岸(興津海岸)を散策してきました

今日は波打ち際に寄り上がった海藻が全くありません

401458436_6061212760648412_898298264861220584_n.jpg


無い中でも、目線んを低くし手探りすると観察するには十分な個体は見つかるのです

406874199_6061213043981717_2744571948190352455_n.jpg


一年生から二年生へ再生する葉体と、二年生から三年生へ再生する葉体は確実に判断できそうだけど…

401454712_6061213287315026_442167050820550636_n.jpg

根(附着器)の発達や突きだした古い葉体の基部の円形を観察すると、三年生から四年生…!?

401512404_6061213360648352_1632903613234806036_n.jpg

流石にありえないだろうという先入観の中、もしかして四年生から五年生?と思われるものまで見られたりするのです
仮に6年生まで再生することができるなら昆布の小学校ができてしまうwww

昆布の世界では一番浅いところに生えていて一番長く、浅瀬なので一年を通して時化の影響があり、波の抵抗をいつも受けているナガコンブ
それなのに、一番厳しいこの季節に再生を始めるというのだから…

そう考えると、ナガコンブってハンパないっすよね!
生命力というか復活力というか、自然の力強いパワーというか…

これから先のあらパパさんの人生のありかたを、ナガコンブの生態に見習いたいとまで思えてしまうのです


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
これからの生き方シリーズ