なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

こんぶかりんとうと奇遇な出会い

2023/12/21
何気ない楽しい日々 0
浜中町のふるさと納税の返礼品にもある『ママキッチンのこんぶかりんとう

先月、仏教釧路幼稚園で行った昆布教室での締めに、園児たちとお世話になった先生方全員へ、あらパパさんからこんぶかりんとうをプレゼントさせていただきました

道東の昆布は、ダシ用のオニコンブ、食べる用のナガコンブ、ダシと食べるを楽しむことのできるアツバコンブ、ネバネバ系のネコアシコンブやトロロコンブが生えています
単に種類だけでなく用途別にみても様々な昆布生産のある道東の昆布は、原藻の葉売りだけでなく、加工原料としても道東の昆布はとても大切なんですよということをお伝えしました
その中で、『とろろこんぶとおぼろこんぶの違い』と『良いとろろこんぶの見分け方』、そして『おぼろこんぶの作り方』を実演してから~の『削りガラからできたこんぶかりんとうの試食会』を行ったのです

初めて食べる子供達は、恐る恐る口にするのですが、焙煎されたこんぶに砂糖水のコーティングされいるものだから、サクサクの食感と甘味と昆布の風味が相まって…

おいしいぃ~

子供たちの歓声と笑顔をいただいたところで、あらパパさんからのプレゼント!

412883123_6130539553715732_4606867668486773152_n.jpg

こんぶ先生(あらパパさんのこと)は浜中町霧多布の出身なんです
なので、地元の商品を宣伝しちゃいまーす
そして、プレゼントを包んでいる包装紙は霧多布湿原の広報紙が使われていまーす
お家に帰ってからお父さんとお母さんと食べてね~、とお伝えしお配りしましたが…

子供達は直ぐに開封しむしゃむしゃ食べだすのです

試食会での味が忘れられなかったのかな(笑

412873114_6130539657049055_2899151695941852603_n.jpg


とは言え、ダシ昆布もこんぶかりんとうも口に入れた瞬間吐き出し、どうしても食べられないという子もいました(汗

その中で、躊躇なくボリボリむしゃむしゃ食べる子もいて、幼稚園の先生から『すごいね〇〇君、好きなのかい?』と聞いてみたところ、付き添っていたお母さんから『霧多布に親戚があって、こんぶかりんとうは普段からたべていて好きなんです』と…

なんと、霧多布に親戚が!

ちなみにどちらさんですか?と伺うと

サワベですというので

あらま、写真館のサワベさんなら知ってるよ、とお伝えすると

私の母とサワベさんの〇〇さんは従姉です・・・と

あらま、写真館のサワベさんはあらパパさんとも親戚関係なんですよとお伝えすると、一気にアウェイな雰囲気からホームな雰囲気になったのでした

後日、その方のお子様と撮った写真を写真館のサワベさんへ見せたらしく、そこからあらパパさんの両親へも伝わり、先日、両親から『〇〇ちゃんの孫と撮った写真を見たよ』と連絡が入ったのです

○○ちゃんって!?
もしかして後輩だった○○ちゃん!?
そうか、そうか、サワベさんって、そうかそのサワベさんか!!

そうなのです、子供の頃は狭い環境(村)で育っていたもので、近所の子供達といえば皆幼馴染
しかも、あらパパさんの母はそろばん教室を経営していたので、夕方にもなるとあらパパさんちは沢山の子供達で賑わっていました
なので、通っていた子供達は学年は違っていても大体は顔と名前が一致していたのです

昔(40年も前)を思い出し…『あのキュートだった○○ちゃんのお孫さんだったんだなぁ~』…『ってか、あのお母さんが〇〇ちゃんの子供だったんだね(汗』

そう思ったとたん…年とったんだな~なんて、年代を感じてしまったあらパパさんなのでした

釧路市に越してきて丸二年経ちました
たまたま知り合った方が副業で幼稚園の先生をしていて、その関係から昆布教室の依頼を受けて、そこで出会った親御さんがあらパパさんの幼馴染だった方の御子さんだったなんて・・・なんとも奇遇な出会いで不思議な気分でした




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
何気ない楽しい日々