なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

牛ホルモン入りのトムヤムクンスープと食事制限

2023/12/23
こんぶを使った料理と商品 0
あらパパさんの食事制限は厳しいようで厳しくない

注意の必要な食べ物はあるけれど、食べてはいけないものはありません

なんでも食べていいのだけれど、食べる物によって食べる量を気にすればOKなわけです

あらパパさんの大好きなトムヤムクンスープ

100gの牛ホルモンを何度か茹でこぼしした後、昆布のダシでじっくり煮込みトムヤムクンスープの素を溶かしいれお好みでトマトやセロリ、キノコ類を加え火を通す

仕上げにドライパクチーをふりかけて出来上がりです

412255170_6137861666316854_1695619824035170779_n.jpg

エビなどの魚介を牛ホルモンに置き換えて、スープは塩分やカリウム、リンが溶け込んでいるので、半分だけ楽しむ
そうすれば、白いご飯を大盛り(280g)食べて、タンパク質が39g、カリウムが822mg、リンが404mg、塩分が1g、エネルギーが853kcalになる

ちなみに牛ホルモン100gでタンパク質が9.3g、カリウムが120mg、リンが77mgなのですが、牛モモ肉100gだとタンパク質が21.2g、カリウムが340mg、リンが180mgとそれぞれ倍以上になり、それでいてエネルギーはほぼ変わらないのです

腎不全のあらパパさんが一日に制限する摂取量は、タンパク質が60gくらい(標準体重×0.8~1.0)で、カリウムが1500mg以下、リンが700mg以下、それでいてエネルギーはしっかりと摂るというのが基本!

朝ごはんは簡単に済ませ(コーヒーと甘酒)、昼ごはんと夜ご飯を上記の摂取量を目標に献立を考えるのです

食事というのは薄味には慣れるけれど、単調な味が続くと飽きるし、ボリュームがないのも寂しいものです
なので、色々な素材を使うことで美味しさのバリエーションを楽しみ、バランス良く食事が出来ることを考えた方がいいです

昆布のうま味に限らず、それぞれの素材の持つ美味しさを日々感謝しながら楽しんでいます



スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶを使った料理と商品