なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

ダシガラ昆布の特徴を調べる

2024/02/06
こんぶの研究 0
あらパパさんが真剣に考えたダシガラ昆布の活用法

その活用法の閃きは、ダシガラ昆布の特徴がみえた瞬間でした

三角コーナーがお似合いだったダシガラ昆布を冷凍保管していても、いつの日か冷凍庫の片隅に追いやられ結局は霜だらけになって廃棄される
そこで、ダシガラ昆布も昆布である以上『乾燥』させた方が扱いやすいのではという単純な考えから『再乾燥』してみたのが始まり

あらパパさんが普段から使っている昆布は『リシリ・ナガ・ネコ』の三種

kansoukonbusansyu.jpg

その三種のダシガラ昆布を再乾燥させてから再び水に戻したのです

dasigarasansyu.jpgsaikansousansyu.jpgsaikan.jpgsaimodosi.jpg

すると、それぞれの特徴がみえてきました
saimodosigo.jpg

種類や品質の違いでその特徴の差はありますが、平均するとダシガラ昆布は乾燥昆布の約6倍に膨れ、それを再び乾燥させると元の乾燥昆布の約半分以下まで質量が縮むのです
それでいて再び乾燥させた昆布を再度水戻しすると、元のダシガラ昆布と同じまでに戻るのです
dasigarakenkyuu.png
ってことは、ダシガラ昆布に含まれている『水溶性の食物繊維』を効率よく摂取するには、乾燥昆布やダシガラ昆布をそのまま食べるよりも、ダシガラ昆布を再乾燥させたものの方がおおよそ倍の効率で摂取できることになるのです

問題は、その再乾燥したダシガラ昆布を如何に飽きずに食べられる(摂取できる)かです

そこでピンと閃いた!

とは言え、大して特別なことではなく巷では溢れかえっている方法です

次回、それについてをご紹介したいと思います

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
こんぶの研究