なまらウマいぞ北海道-こんぶログ

うま味調味料

2014/02/06
お気に入りレシピ 0
********************************************
昆布に関するお問い合わせや記事についてのご質問などは
ゲストブックまたはFacebook へお願いします^^
********************************************
 
うま味調味料(うまみちょうみりょう)とは、うま味を刺激する物質を人工的に精製した調味料である。ナトリウムと結合した結晶のかたちで扱われ、砂糖のように、汁に溶かして使うことが多い。主成分はグルタミン酸ナトリウムイノシン酸ナトリウムグアニル酸ナトリウムなど。
かつては化学調味料と称されていたが、1970年代うまみ調味料と呼びかえられるようになった(後述。現在は、加工食品において原材料名として、「アミノ酸等」と表記されていることが多い。
初めて登場したうま味調味料は、1909年に発売された、グルタミン酸ナトリウムを主成分とする「味の素」である。
~ウィキペディアより抜粋~
 
あらパパが子供の頃は虫歯の痛みを和らげるのに父が穴のあいた奥歯に味の素を入れてくれました。
噛み締めると歯の隙間からうま味が染み出てきて あらパパ兄弟はある意味!虜になってたと思う^^ 
弟は未だに虜になってると思う^^;
 
あらパパの愛して止まない『うま味調味料』を紹介します

 
左から鰹節粉、焙煎昆布粉、キノコ粉、全て手製です  
そして右端の天然塩をそれぞれの粉と混ぜたのが
本物の『うま味調味料』と思っています(配合はお好みで)
※自分で作ると小瓶に入った化学調味料より安価に作れ しかも美味しい
 
ウィキペディアより抜粋し紹介した『うま味調味料』は
『化学調味料』の方がふさわしいと思うんだけどね~
化学のチカラで作った調味料なんだから『化学調味料』で
全くもって問題ないと思いま~す!
 
カップ麺などのクセ(虜)になる味は化学調味料でなければ成せない味なんですから自信を持って化学調味料と呼びましょう!
  
 食材を乾燥させて粉末にするにはこうゆうのが必要です
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています
昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質面でのこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です

あらパパさんへの連絡はお気軽に!
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=396f43acec28b273
お気に入りレシピ