なまら旨いぞ北海道-こんぶログ

雨日和の浜回り 根室~浜中~厚岸編

2022/07/10
こんぶの産地 0
参院選の投票を終え、少しばかり土地勘のある地域と無い地域の浜を回ってきました

目的は、いつ、どこに、どのような種類のコンブが生えているか、生長はどうかなどなど…

あらパパさんは昆布製品の知識や経験は約30年間、昆布の品質検査員を務めてきたことで熟知しているのですが、生のコンブに関しての知識や経験は趣味レベル
なので、検査員を退職してからこの半年、暇さえあれば様々な地域の港内や海岸を散策している

港内に生えているスジメや海岸に打ち上げられたアナメ
生産者の採取対象外なので、少しばかり気にしながら採取したりはするのですが、採取対象の種類のコンブは堂々と採取することは僅かばかりの数量でもやはり気が引ける
密漁者として逮捕されても困るしね…

だけどね、あらパパさんのコンブに関する知識や経験や行動力をかってくれる方々に、少しでも満足していただくためには、ある程度のリスクは必要なわけなのだ

今日はあらママさんのパートが休みで、道東の沿岸各地域は朝から一日中雨日和

ドライブ兼、天然の洗車兼、昆布の繁茂調査を兼ねて、根室から浜中と厚岸の主だったポイントを回ってきました
知人や友人、実家の両親にも知らせず…会わず…

懐かしい、根室の駅前ラーメンは喰ってきました
IMG_3338.jpeg


根室のオホーツク海側には大きな葉のスジメを確認(繁茂していることは知っていた)
IMG_3337.jpeg



浜中湾の各ポイントにはアナメやスジメの他、トロロコンブが寄っていた
IMG_3339.jpeg
IMG_3340.jpeg



厚岸のとある岬には幅広肉厚のスジメやオニコンブが寄っていた
IMG_3344.jpegIMG_3345.jpeg


今日はなかなか良い浜回りでした

海藻カレンダーに記録追加しとこーーーっと



昆布のスペシャリストあらパパさんは、原点に戻り改めて昆布についてを学び直しています

昆布製品の6次産業化、製品のアイディアなど品質のこだわりや管理
あらパパさんの意識と共鳴した、共振した、似た目的だ!
そう思ってくださった生産者や販売者の方々に、あらパパさんの持っている情報や知識、そして時間をご投資させてください
一般消費者の方からのお問い合わせも大歓迎です


連絡方法は次の何れかへお気軽に!
◆Gmail arachinpapa@gmail.com
◆FBメッセンジャー https://www.facebook.com/arachin.papa/

Comments 0

There are no comments yet.
あらパパさん
Admin: あらパパさん
食事をとるなら良いものを!
食材と手作りにこだわりを持つ熱血オヤジのあらパパさんは北海道の昆布が大好きです
本物の『食』には、本物の食材と手間暇、そして愛情が必要
質の良い食材をバランスよくシンプルに無駄なく調理することが大切
家族の笑顔と健康が美味しさと幸せの証です
こんぶの産地